平成着物スタイル

着物の歴史から学ぶ現代の和装。現在の着物スタイルに着物の歴史は深く関わっているのです。あまり知られていない着物の歴史をご紹介しています!

紋付羽織・中羽織・茶羽織・額裏・十徳も着物買取に売却できる

男性の着物では羽織を着用している姿を多く目にします。羽織には第一礼装として使用できる物から普段使いできる物まで、さまざまな種類があります。もともとは防寒などの目的で利用されていて昔は男性が着用する物でしたが、江戸時代になると女性の羽織が登場して流行となりました。その後女性の羽織の着用は幕府の発令により禁止となりますが、明治に入ると性別や身分に関係なく着用できるようになります。

羽織で一番格が高いものが紋付羽織です。紋付羽織の中にもさらにランクがあり、背紋・抱紋・袖紋の五つ紋が最高位で、次に背紋と袖紋の三つ紋、そして背紋のみの一つ紋の順になります。黒とそれ以外の色がありますが、黒の方が格が高くなり色紋付はその下になります。

羽織といって真っ先にイメージするのは、紋の入っていない中羽織ではないでしょうか。ひざ丈くらいが一般的な長さですが、時代によって流行の長さは異なります。男性が中羽織を着る時には左右を留める羽織紐を付けるようになり、着物や帯との色の組み合わせによって、雰囲気を変えることができます。羽織紐には紐が編み込んである丸紐と、紐が平らな平打ちがあり、好みに応じて選べます。

茶羽織は普段着物をあまり着ない方でも、一度は袖を通したことがあるかもしれません。旅館の浴衣の上にはおる防寒着になり、丈は短めで厚手のウールなどが多く、普段着として利用されています。羽織紐は使用せず、縫い付けてある紐で前を結ぶようになっています。 羽織の裏地の羽裏には絵画のように景色などが描かれている物があります。これは額裏といって普段は他人には見えないのですが羽織を脱いだ時に見えるため、隠れたおしゃれを楽しめるようになっています。

十徳は僧侶がよく身に付けている羽織になり、前身頃に縫い付けてある衽(おくみ)がありません。絽や紗などの薄手の生地を利用していて、茶羽織と同じように衿の部分に縫い付けてある共布で前を結ぶようになっています。

着物買取では羽織の買取も行っています。売却をする時には、羽織だけではなく着物もセットにして出すようにすると、査定額が上がる確率が高くなります。着物買取では、店舗に持ち込んで査定を受ける方法と自宅で査定を受ける出張着物買取、そして宅急便で売りたい羽織や着物を着物買取店舗に送って査定を受ける宅配買取があります。早めに売却したい時は着物買取店へ持参、売りたい着物の数が多い場合には出張買取、日中時間が取れない人は宅配買取など、それぞれの状況に応じた利用が可能です。

Copyright©2013 平成着物スタイル All Rights Reserved.