平成着物スタイル

着物の歴史から学ぶ現代の和装。現在の着物スタイルに着物の歴史は深く関わっているのです。あまり知られていない着物の歴史をご紹介しています!

木綿・平織り・白絣・シンプル・派手など、着物買取の際気にかける事

着物買取を利用する際、どんなことが気にかかるでしょうか?

まずは、着物を本当に手放していいのだろうか?という点で立ち止まる人も多いでしょう。 着物は洋服よりも値段が張るもの。店舗にも限りがありますし、着物買取を利用するのは少しもったいないと思う事もあります。 ですが、着物は売りたいと思った時がまさに売り時なのです。

たとえば、数年前に買った少し派手な柄の着物があるとします。年を取り、不相応に見えてきたらそれはもう売り時。別の人の手に渡すのがベターでしょう。男性は落ち着いた年齢になってきたら、着物の柄も白絣・シンプル・派手でないものに移行し、渋い大人の魅力を表現していくのが一般的です。普通の洋服と同じ感覚で、着物買取を利用するのでいいでしょう。

着物買取を利用するとなると、次に気になるのは査定金額です。 どのような着物が高額査定の対象となるのでしょうか? 買取査定の際、まずは素材がチェックされます。着物の素材は正絹、麻、木綿、化学繊維やウールなどがありますが、正絹が最も格の高い素材です。状態がよいもので、正絹のものであれば多くの場合高価格がつきます。逆に、以前は正絹の着物しか買取を受け付けないということもありました。

織や着物の形式などによっても値段は変わってきます。振り袖、留袖などの豪華で格調高い礼服は、当然高値で取引されます。また、有名な作家が仕立てた着物であったり、展覧会などで売りに出されていたものだったり、伝統工芸品の証明書が付いていたりすると、買取金額にも大きく影響します。証明書付きの着物を買った場合は、丁寧に取っておくのがいいでしょう。

ですが、現在の着物買取で一番に見られるのは着物の保存状態といわれています。買取後すぐに再販できるかが着目されているようです。 現在では、普段着とされるような木綿・平織りの着物でも、保存状態が良ければ着物買取が行われるようになってきています。それは木綿・平織りの着物であっても利用するユーザーが増えてきているからだと考えられます。 ふだんづかいの着物でも、まずは査定に出してみるのもよいのではないでしょうか。

ただし現在でも、化学繊維やウールなどでできた着物は素材の段階で見切られ、新品でも査定金額が付かない事もあります。 そのような買取業者を通せない着物は、個人でネットオークションなどを利用することで、必要としている次のユーザーへ直接受け渡すことも可能です。

Copyright©2013 平成着物スタイル All Rights Reserved.