平成着物スタイル

着物の歴史から学ぶ現代の和装。現在の着物スタイルに着物の歴史は深く関わっているのです。あまり知られていない着物の歴史をご紹介しています!

勝山のいた江戸初期の丹前風呂発祥の厚手ウールで対丈の着物、不要なら着物買取へ

着物買取は家にある不要な着物を売却するのにとても便利です。着物は時代に応じて流行した形があり、驚くような名前の由来を持つ物もあります。中でも丹前は当時の文化などが垣間見える由来となっています。

丹前は江戸初期に生まれた着物です。これは江戸・神田の丹前風呂から名前を取っていて、そこで働いていた遊女の勝山が着用していたものでした。彼女のファッションは独特で、ヘアスタイルは自分で考案した丸髷を結い、対丈というおはしょりが必要ない着丈に合わせた派手な縞柄の着物を着用していました。 彼女のスタイルは女性の間で人気となり、やがて丹前風呂を利用していた男性の間でも流行したため、このスタイルの着物が丹前と呼ばれるようになりました。

丹前は厚手ウールを使用していてとても温かく、対丈のためそのまま帯を締めるだけという手軽さが魅力で、とてもくつろげる着物になっています。丹前には厚手ウールの他に中綿の入っている物も存在し、関東では褞袍(どてら)と呼ばれることもあります。さらに北上して東北や北海道へ行くと掻巻(かいまき)と呼ばれていて、寒い時期に自宅でくつろぐ際の防寒着として愛用されてきました。

こうした普段活用できる男性用の着物では、中古品を購入するケースも多くなっています。着物は高額というイメージがありますが、中古品の場合は手軽な価格で購入できるため、日常でも使いやすくなります。そのため着物買取店でも正装として利用できる着物だけではなく、丹前や和装小物を一緒に買い取ってくれるお店もあります。

着物買取店に売却を依頼すると、査定が行われそれに基づいて金額が設定されます。売る側としてはなるべく高い額で売却したいので、着物買取店に持ち込む前には汚れやシミなどの状態を確認しておきましょう。あまりに汚れがひどい場合は、金額が低くなるか価値が付かなくなる恐れもあるため、これから着物買取店の利用を考えている時は、汚れが付いたらすぐに落とすように心掛けたり、年に1回から3回程度は日陰の風通しの良い場所に干しておくようにします。

こうして乾燥させておくとカビを防ぐことができて、しまう際に防虫剤を交換するようにすれば、害虫対策も行えます。丹前に使用されている厚手ウールは特に虫に食われる心配が高いため、防虫対策を忘れずにしておくことが良い買取額につながります。 着物買取では品数が多いと買取額が上がる可能性があるため、着物や丹前、羽織などをセットにして持ち込むと良い査定額が提示されることもあります。

Copyright©2013 平成着物スタイル All Rights Reserved.